自動車を運転する際には、自分がどうしたいかという意思を示すために合図を行います。その方法やコツを解説します。

まず、進路変更の場合です。例えば左車線から右車線に変更する場合、まずはミラーと目視で右車線に自分が入れるスペースがあるか、自車の右側からバイクが接近していないかなどをチェックします。


 

そして大丈夫だと判断したら、右ウィンカーを出します。そしてその後も変更するために問題がないと判断すれば、右車線に移動します。

次に転回です。つまりUターンのことです。転回は右折の仕方とおおよそ同じですが、右折よりも危険が高いです。と言いますのも、道路の端などにぶつからないようにしつつハンドルを大きく切りますので、右折より時間が掛かるからです。

右折と同じように停車しつつ、右ウィンカーを出し、対向車が切れるのを待ちます。そして安全に注意しつつ転回します。

徐行は時速を大きく落とすことです。交差点を曲がるときなどは徐行する必要があります。

後退は後ろに向けて進むことです。車庫入れなどで使いますが、なかなか車両の感覚をつかみづらいので、ゆっくりと行います。シフトをリアに入れることで、背部のライトが点灯し、バックすることを知らせます。