» 未分類のブログ記事

道路の右側部分へはみ出した追い越しについては、複雑なルールがあるので注意が必要です。
まず、中央線と道路の間が6m以上の道路では、はみ出さなければ追い越しができますが、中央線をはみ出しての追い越しはできません。6m以上の道路は、中央線が白の実線で引かれているので、一目で分かります。ちなみに、6m未満の道路の場合には、白の破線または黄色の実線で中央線が引かれています。


また、6m未満の道路であっても、はみ出し追い越しが禁止されている場合があります。これは中央線が黄色の実線で引かれている場合です。通常ははみ出し禁止とも呼ばれますが、この中央線がある場合には、右側にはみ出して追い越すことはできません。
しかし、実際には6m未満の道路に於いてははみ出さずに追い越すことは車同士ではほぼ不可能ですので、実際には追い越しができないことになります。ただし、はみ出さずに追い越せるバイクや自転車などは追い越して良いことになります。
但し、追い越し禁止の標識があった場合には、相手が中央線をはみ出さずに追い越せるバイクや自転車であっても、追い越すことはできません。道路標識と道路標示で異なる表記をしてある場合には、そのどちらにも従う必要があるので、注意が必要です。

自動車の運転で追い越しが禁止される場合には、様々なものがあります。例えば、中央線です。中央線と道路の間が6メートル未満の時は、追い越しが可能です。しかし、中央線と道路の間が6メートル以上の場合は、中央線をはみ出しての追い越しが禁止になっています。間が6メートルかどうかの見分け方は、中央線が破線であれば6メートル未満、実践であれば、6メートル以上の道路になっています。他にも、標識によっても変化します。追い越し禁止の標識がある場所では、中央線の種類にかかわらず追い越しができません。最後に、二十追い越しについてです。


この追い越しは、「前の車が自動車を追い越そうとしている時に、自分の車が追い越しをすること」をいいます。追い越し禁止の標識がない場所でも、中央線がある場所でも、この追い越しは禁止されています。注意すべき点は、「自動車を追い越そうとしている時」である点です。もし、「軽車両や原動機付自転車を追い越そうとしている時」であれば、追い越しは可能になります。自動車か軽車両かによって、追い越しできるかどうかは変わっているのです。運転をする際には、中央線・標識・二重追い越しに注意して運転することが大切です。

運転免許を取得する際に間違えやすいポイントが、「追い越し」と「追い抜き」の違いです。両者は名前も条件も似ており、間違えやすくなっています。この2つの最も異なる違いは、「進路」です。追い越しの場合では、「進路を変えて」進行中の車の前に出ます。一方で追いぬきの場合では「進路を変えずに」進行中の車の前に出ます。この場合では、車は進路変更をせず直進のみ行っています。


ここでのポイントは、「進行中の車」が条件であることです。止まっている車を抜き去る場合や、工事現場をよけるなどの運転行為は、追い越しなどの場面に該当しません。障害物の側方通過と呼ばれる別の言葉に変化するので、この点も注意が必要です。また、このような違いをしっかりと理解しておかないと、「追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止」で混乱することになってしまいます。この場合では、道路の端に車が駐車している場合は、車は障害物として扱われるため、障害物の側方通過になります。しかし、自転車や自動車が走行している場合では、追い越しになってしまうので交通違反となってしまいます。このような種類を覚えておくことが、自動車を運転する際には重要な要素となります。

マナーを守る事が気持ちの良いドライブを実現しますから、追い越しを禁止する状況ではマナーを守る事が重要で、他のドライバーが快適な走行にとって邪魔だと判断を行えば、お互いにデメリットが生じて感情が悪くなります。
お互いに譲る余裕がある事はドライバーに欠かせませんし、意思の疎通が出来ている場合は禁止されていない限り走り方を変える事は出来ますから、共通の認識があれば相手を優先する事が可能なので、結果的にお互いが気持ち良く走れます。
相手に要求する場合は下手に出る事が大切なので、威圧感を高めたりプレッシャーを掛ける事は避けて、走行速度を守り車間に余裕を持たせる事により、安心して車を楽しむ事が可能になります。


禁止されている行為を行う事は、相手の感情を傷付けたり煽る事に繋がりますから、攻撃的なドライバーが乗っている場合は応酬する可能性がありますし、次第にエスカレートして運転に対する不注意が発生します。
無関係な周囲のドライバーも巻き込みますから、迷惑行為として影響を与えますし、事故が発生すると責任が大きくなるので、被害の拡大と原因の発生に責任が発生します。
安全運転はお互いの為なので、車同士で煽り合いを行わない大人の対応が求められます。

交差点や踏切で停止を行う場合は、前方に対する注意力が必要ですし、後方に対しても意識を向ける事が大切ですから、置かれている立場を把握する事によって、安全に車を再発進出来ます。


踏切前等はスペースに制限がありますが、余裕を持って車を運転する事が事故を防ぎますし、事故が発生する可能性が高い場所では特に注意が大切で役立ちます。
車間距離だけではなく速度も相手に合わせる事が大切ですから、急いでいても落ち着く事がドライバーの責任であり、不用意にトラブルを起こさない事が踏切事故を防ぐので、渡り切るまでの間は特に重要な時間帯です。
前進に対して前の車に煽りを入れると、発生する事がない事故を起こす危険性が増加しますし、相手の行動に反応する行為も自らが事故に巻き込まれる原因になりますから、冷静さと真面な対応が求められる場面では大人として応じます。
自らが歩行者である場合も、車に気を配り歩く事が必要なので、目的だけではなく周囲の状況を常に把握する事により、問題なく進行を続ける事が可能です。
車は急に止まれませんし、発進にもタイムラグはありますから、列車と衝突する事故は発生するので、巻き込まれない為の対策を行い身を守ります。

道路を走っていると、様々な種類の線を目にすることができます。
そのような中でも気を付けないといけないものが、黄色の線です。
車両通行帯が黄色の線で区切ってある場合は、進路変更をすることができません。
対面1車線の道路のように、走行車の右手側に線が引いてあるところは追い越しをしてはいけないという認識を持っている人は多いものですが、走行車線が複数ある場合の交差点で、黄色の線が引いてあるところは気を付けなければなりません。
慣れない道では、直前になって走行車線を間違えたことに気付くということが頻繁に起こります。


間違えたからといって、このような場所では進路変更をすることはできません。
進路を間違えた時には、進路変更が可能な場所まで流れに乗って走らないといけません。
しかし、次の場合は、進路が変更できない場所でも変更することが可能です。
第一に、救急車などの緊急車両が走って来た時に道を譲る場合です。
次に、工事区間で走行車両をそのまま走ることができない場合です。
そして、前の2つの状況で、やむを得ず進路を変えたあとで戻る場合に限っては、変更することが許されています。
進路変更ができない車線があるということを念頭に置いて運転しなければ、目的地に着くまでに余計な時間を消費してしまいます。
前もって標識に気を配りながら、早めの進路変更をするように心掛けておくことが大事です。

自動車を運転する際、進路変更をしなければいけないことがあります。例えば道路によっては左折や右折専用レーンが設けられているところがあります。そうしたレーンに入るためにはする必要があります。

また、前を走っている車の速度が遅いので追い越したいときも、右車線に変更してから追い越しをすることになります。

ここで注意したいのは、みだりに変更することは禁止ということです。変更する際にはその車線に入るわけですから、他の車と衝突したり、後ろの車に急ブレーキを掛けさせたりするリスクもあるからです。


 

特に気をつけたいのが高速道路です。高速道路はスピードを出している分、事故の危険性も高くなってしまいます。そのため、必要のあるときだけ、変更を行うようにしましょう。

なお、高速道路では変更する際に、スピードを出し過ぎないように注意する必要があります。スピードが出ているので、制動を失って危険な状態になる可能性が高いからです。ウィンカーを出すタイミングも遅すぎてはいけません。ウィンカーで早めに意志を知らせて、少しずつハンドルを切りましょう。

ちなみに高速道路の追い越し車線をずっと走ることもいけません。基本的に走行車線を走り、追い越しをするときだけ追い越し車線を走るようにします。

車を運転する際に、運転者として事故を起こさないためにも、責任を持ち様々な交通ルールを守る必要があります。その中でも、進路の変更をするときに、十分注意をしなければなりません。むやみに、進路を変更することは危険です。まず、進路を変更したい場合は、前後の車の状況を把握し合図を出します。変更したい車線の前車と後車との車間距離が十分にあることを確認します。


十分な車間距離があると認識できたところで、進路を変更します。またこの際、スピードを落としたりブレーキを踏むことは後車との衝突の恐れがあり、とても危険です。スムーズに素早く入り込む必要があります。また、自分が進路を変更する際、前車も変更の合図を出している時は、前車に変更を譲り自分は前車の変更が終わるまで待ちます。特に高速道路での、進路の変更は大変危険です。一般道に比べ倍近くのスピードが出ているので、認知、判断、操作が少しでも誤ってしまうと、それが事故へと繋がってしまいます。高速道路などの走行は、スピードが出ているのでハンドルを少し動かすだけで、大きく左右に動きます。自分の出しているスピードをきちんと把握しておかなければなりません。また、一般道の交差点内での進路変更はしてはなりません。

クラクションを不要不急でもないときに鳴らしてはいけません。ただし、警笛鳴らせの標識がある警笛区間では、必ず警音器を作動させる義務があります。理由は、視界が悪い急カーブにおいて自車の存在を周囲に知ってもらうためです。もしもクラクションを鳴らさないで警笛鳴らせの標識がある警笛区間に侵入してしまうと、道路交通法違反になってしまいます。誰も見ていないからと言って、クラクションを鳴らさないことは法律違反であるということを認識しましょう。先でクラクションを鳴らす理由を述べましたが、人によって鳴らし方には違いがあります。


長めに押し続ける方もいれば、リズミカルに鳴らすという方もいらっしゃるでしょう。警笛区間でのクラクションの鳴らし方は、特別なしていはありません。しかしながら、警笛鳴らせの標識が見えてきた途端に慌てて不快なクラクションの鳴らし方をしてしまっては、周囲に迷惑がかかります。あまりの不快なクラクションの鳴らし方に、周囲のドライバーが驚いて事故を誘発することに繋がるかもしれないからです。そうなっては責任を問われかねませんので、少しだけ長めに一度だけクラクションを鳴らすように心がけることが大切です。