道路の右側部分へはみ出した追い越しについては、複雑なルールがあるので注意が必要です。
まず、中央線と道路の間が6m以上の道路では、はみ出さなければ追い越しができますが、中央線をはみ出しての追い越しはできません。6m以上の道路は、中央線が白の実線で引かれているので、一目で分かります。ちなみに、6m未満の道路の場合には、白の破線または黄色の実線で中央線が引かれています。


また、6m未満の道路であっても、はみ出し追い越しが禁止されている場合があります。これは中央線が黄色の実線で引かれている場合です。通常ははみ出し禁止とも呼ばれますが、この中央線がある場合には、右側にはみ出して追い越すことはできません。
しかし、実際には6m未満の道路に於いてははみ出さずに追い越すことは車同士ではほぼ不可能ですので、実際には追い越しができないことになります。ただし、はみ出さずに追い越せるバイクや自転車などは追い越して良いことになります。
但し、追い越し禁止の標識があった場合には、相手が中央線をはみ出さずに追い越せるバイクや自転車であっても、追い越すことはできません。道路標識と道路標示で異なる表記をしてある場合には、そのどちらにも従う必要があるので、注意が必要です。