クラクションを不要不急でもないときに鳴らしてはいけません。ただし、警笛鳴らせの標識がある警笛区間では、必ず警音器を作動させる義務があります。理由は、視界が悪い急カーブにおいて自車の存在を周囲に知ってもらうためです。もしもクラクションを鳴らさないで警笛鳴らせの標識がある警笛区間に侵入してしまうと、道路交通法違反になってしまいます。誰も見ていないからと言って、クラクションを鳴らさないことは法律違反であるということを認識しましょう。先でクラクションを鳴らす理由を述べましたが、人によって鳴らし方には違いがあります。


長めに押し続ける方もいれば、リズミカルに鳴らすという方もいらっしゃるでしょう。警笛区間でのクラクションの鳴らし方は、特別なしていはありません。しかしながら、警笛鳴らせの標識が見えてきた途端に慌てて不快なクラクションの鳴らし方をしてしまっては、周囲に迷惑がかかります。あまりの不快なクラクションの鳴らし方に、周囲のドライバーが驚いて事故を誘発することに繋がるかもしれないからです。そうなっては責任を問われかねませんので、少しだけ長めに一度だけクラクションを鳴らすように心がけることが大切です。