道路を走っていると、様々な種類の線を目にすることができます。
そのような中でも気を付けないといけないものが、黄色の線です。
車両通行帯が黄色の線で区切ってある場合は、進路変更をすることができません。
対面1車線の道路のように、走行車の右手側に線が引いてあるところは追い越しをしてはいけないという認識を持っている人は多いものですが、走行車線が複数ある場合の交差点で、黄色の線が引いてあるところは気を付けなければなりません。
慣れない道では、直前になって走行車線を間違えたことに気付くということが頻繁に起こります。


間違えたからといって、このような場所では進路変更をすることはできません。
進路を間違えた時には、進路変更が可能な場所まで流れに乗って走らないといけません。
しかし、次の場合は、進路が変更できない場所でも変更することが可能です。
第一に、救急車などの緊急車両が走って来た時に道を譲る場合です。
次に、工事区間で走行車両をそのまま走ることができない場合です。
そして、前の2つの状況で、やむを得ず進路を変えたあとで戻る場合に限っては、変更することが許されています。
進路変更ができない車線があるということを念頭に置いて運転しなければ、目的地に着くまでに余計な時間を消費してしまいます。
前もって標識に気を配りながら、早めの進路変更をするように心掛けておくことが大事です。