交差点や踏切で停止を行う場合は、前方に対する注意力が必要ですし、後方に対しても意識を向ける事が大切ですから、置かれている立場を把握する事によって、安全に車を再発進出来ます。


踏切前等はスペースに制限がありますが、余裕を持って車を運転する事が事故を防ぎますし、事故が発生する可能性が高い場所では特に注意が大切で役立ちます。
車間距離だけではなく速度も相手に合わせる事が大切ですから、急いでいても落ち着く事がドライバーの責任であり、不用意にトラブルを起こさない事が踏切事故を防ぐので、渡り切るまでの間は特に重要な時間帯です。
前進に対して前の車に煽りを入れると、発生する事がない事故を起こす危険性が増加しますし、相手の行動に反応する行為も自らが事故に巻き込まれる原因になりますから、冷静さと真面な対応が求められる場面では大人として応じます。
自らが歩行者である場合も、車に気を配り歩く事が必要なので、目的だけではなく周囲の状況を常に把握する事により、問題なく進行を続ける事が可能です。
車は急に止まれませんし、発進にもタイムラグはありますから、列車と衝突する事故は発生するので、巻き込まれない為の対策を行い身を守ります。