自動車を運転する際、進路変更をしなければいけないことがあります。例えば道路によっては左折や右折専用レーンが設けられているところがあります。そうしたレーンに入るためにはする必要があります。

また、前を走っている車の速度が遅いので追い越したいときも、右車線に変更してから追い越しをすることになります。

ここで注意したいのは、みだりに変更することは禁止ということです。変更する際にはその車線に入るわけですから、他の車と衝突したり、後ろの車に急ブレーキを掛けさせたりするリスクもあるからです。


 

特に気をつけたいのが高速道路です。高速道路はスピードを出している分、事故の危険性も高くなってしまいます。そのため、必要のあるときだけ、変更を行うようにしましょう。

なお、高速道路では変更する際に、スピードを出し過ぎないように注意する必要があります。スピードが出ているので、制動を失って危険な状態になる可能性が高いからです。ウィンカーを出すタイミングも遅すぎてはいけません。ウィンカーで早めに意志を知らせて、少しずつハンドルを切りましょう。

ちなみに高速道路の追い越し車線をずっと走ることもいけません。基本的に走行車線を走り、追い越しをするときだけ追い越し車線を走るようにします。