自動車の運転で追い越しが禁止される場合には、様々なものがあります。例えば、中央線です。中央線と道路の間が6メートル未満の時は、追い越しが可能です。しかし、中央線と道路の間が6メートル以上の場合は、中央線をはみ出しての追い越しが禁止になっています。間が6メートルかどうかの見分け方は、中央線が破線であれば6メートル未満、実践であれば、6メートル以上の道路になっています。他にも、標識によっても変化します。追い越し禁止の標識がある場所では、中央線の種類にかかわらず追い越しができません。最後に、二十追い越しについてです。


この追い越しは、「前の車が自動車を追い越そうとしている時に、自分の車が追い越しをすること」をいいます。追い越し禁止の標識がない場所でも、中央線がある場所でも、この追い越しは禁止されています。注意すべき点は、「自動車を追い越そうとしている時」である点です。もし、「軽車両や原動機付自転車を追い越そうとしている時」であれば、追い越しは可能になります。自動車か軽車両かによって、追い越しできるかどうかは変わっているのです。運転をする際には、中央線・標識・二重追い越しに注意して運転することが大切です。