マナーを守る事が気持ちの良いドライブを実現しますから、追い越しを禁止する状況ではマナーを守る事が重要で、他のドライバーが快適な走行にとって邪魔だと判断を行えば、お互いにデメリットが生じて感情が悪くなります。
お互いに譲る余裕がある事はドライバーに欠かせませんし、意思の疎通が出来ている場合は禁止されていない限り走り方を変える事は出来ますから、共通の認識があれば相手を優先する事が可能なので、結果的にお互いが気持ち良く走れます。
相手に要求する場合は下手に出る事が大切なので、威圧感を高めたりプレッシャーを掛ける事は避けて、走行速度を守り車間に余裕を持たせる事により、安心して車を楽しむ事が可能になります。


禁止されている行為を行う事は、相手の感情を傷付けたり煽る事に繋がりますから、攻撃的なドライバーが乗っている場合は応酬する可能性がありますし、次第にエスカレートして運転に対する不注意が発生します。
無関係な周囲のドライバーも巻き込みますから、迷惑行為として影響を与えますし、事故が発生すると責任が大きくなるので、被害の拡大と原因の発生に責任が発生します。
安全運転はお互いの為なので、車同士で煽り合いを行わない大人の対応が求められます。