車を運転する際に、運転者として事故を起こさないためにも、責任を持ち様々な交通ルールを守る必要があります。その中でも、進路の変更をするときに、十分注意をしなければなりません。むやみに、進路を変更することは危険です。まず、進路を変更したい場合は、前後の車の状況を把握し合図を出します。変更したい車線の前車と後車との車間距離が十分にあることを確認します。


十分な車間距離があると認識できたところで、進路を変更します。またこの際、スピードを落としたりブレーキを踏むことは後車との衝突の恐れがあり、とても危険です。スムーズに素早く入り込む必要があります。また、自分が進路を変更する際、前車も変更の合図を出している時は、前車に変更を譲り自分は前車の変更が終わるまで待ちます。特に高速道路での、進路の変更は大変危険です。一般道に比べ倍近くのスピードが出ているので、認知、判断、操作が少しでも誤ってしまうと、それが事故へと繋がってしまいます。高速道路などの走行は、スピードが出ているのでハンドルを少し動かすだけで、大きく左右に動きます。自分の出しているスピードをきちんと把握しておかなければなりません。また、一般道の交差点内での進路変更はしてはなりません。